家財や家具の不用品片付けのDCY:部屋の不用品片付け専門業者

 

 
 
 
 

Dcy不用品片付けdcyゴミ片付けdcyゴミ屋敷dcy家財整理

お客さまへ

お客さまとスタッフが気持ちよくお仕事をするために
当社では、ホームページ掲載価格とメール・お電話の概算の見積りは、
実際に近い料金でご案内しております。

▶2トン平積みのケース
2万から3万円
出張費+000円+000円+消費税
当店では、回収するお品のサイズ・内容毎に一点づつ算定します。軽トラックの積み放題パックは、ありません
▶2トン満載のケース
7万円~12万円+消費税
積載体積4.3㎥/コンパネあおり板90㎝四方囲み
出張費・作業費・処分費すべて込み。ゴミの内容と階段などの作業条件で異なります。
台数×単価+消費税
7万円~10万円/粗大ゴミや積み込みが中心
10万円から12万円/分別片付け作業を伴う場合
Dcyの価格ポリシーについて  

 

家財・家具の不用品片付け専門

弊社は、不用品片付け専門業者のDCYです。
創業して12年、片付け一筋で地域密着で、親切・丁寧な作業で好評をいただいております。
価格の安さより、きちんとした仕上がりお約束する業者として、クレーム0を更新しています。

 マンション片付け

当店では、専門業者として
お引越しのお手伝い、立会いでの荷物の整理、不要物・ゴミの整理と搬出、家具の解体、エアコンの取り外し、などスキルを備えた熟練スタッフがお伺いしております。
 
 安心丁寧な片付け作業のお約束

 

Dcyでは、8年間クレーム0を更新しております。今年1年間もクレーム0を更新できるように全社員に徹底してまいります。

巷から、こんな声も聞かれます
約束した時間に来てくれない。
予約していたのに電話が通じなくなった。
料金が電話・広告と大きな違いがある
電話口で乱暴な口調で不愉快。
料金の説明もなく荷物・ゴミを積み込んで請求された。
作業が乱暴だった。
予定のトラックで足りないからといって追加料金を請求された

お問合せは、こちらから

電話・メール相談 

お客さま専用 電話 050-3134-4757(午前8:00~午後7:00)
メール問い合わせ こちらから

 

片付けサービスのご利用の流れ

1-お電話かメールでお問い合わせください
片付けるお荷物・不用品の処分する量・搬出の状況などをお聞きして、おおむねのお値段をお伝えいたします。
2-ご予算内で収まれば、ご予約をお願いします
片付け代金は、おおむねの金額をご提示いたしますが、大きく変わるようなことはありません。ご予算内なら、日程の調整を取って、お伺い日とお時間を決めます。2DK以上の場合は、現地下見見積りも行っております。
3-見地でお見積りの微調整を行います
お電話でのお見積りですから、多少の金額の調整はあります。金額面でご納得いただけましたら、その場で作業に入ります。現地でお見積り後の追加料金は、ありません。
4-最終確認していただいて終了です
終了後お客様の確認をいただき問題がなければ、作業の完了で代金のお支払いをお願いいたします。

家財処分

 市区町村の家財処分お見積り協力店

ご連絡ください。日時調整して現地お見積りにお伺いしております。
主な参加地域:所沢市・東村山市・小平市・東久留米市・西東京市・志木市・川越市・さいたま市(西区・南区・北区・大宮区・浦和区・桜区・見沼区・岩槻区)・上尾市・板橋区・春日部市・松戸市・川口市・横浜市・川崎市・富士見市・ふじみ野市・東大和市・その他

 

Dcyは、遺品整理・家財整理の片付け屋 

 不用品片付け応援コラム

ダイニングルームの不用品を片付ける方法

 子供が大きくなって巣立ったり、親の介護が必要になったりと家族構成が変化すると思い切ってダイニングルームの家具や道具を片付けて、今の生活様式に合わせて作り変える必要が出てくるかもしれません。またご家庭によってはダイニングルームを食事だけでなく勉強や仕事部屋などと併用して、様々な物があちらこちらに散らかってしまっているという方もおられるかもしれません。
ダイニングルームは家族皆が集まって食事をしたりコミュニケーションをしたりする落ち着けるスペースです。常に周りをスッキリとさせて快適で心地よい空間にすることは大切です。
 まずはテーブルの上にあるものを見てみましょう。食事に関係のない文房具やヘアセット、書類などが散乱していませんか?周りをスッキリと見せるために文房具は1本か2本最低限をダイニングルームに設置して、鉛筆立ての中に常に収納しておくようにしましょう。書類はファイリングをして棚や収納家具にしまいます。薬も専用のトレイやケースを用意し、まとめて入れておくことで整えられたキレイな見た目にすることが出来ます。
時間があるなら文房具や書類などは必要な物と不用品を分別して片付ける事も大切です。文房具は要らない紙にインクがきちんと出るか1本ずつ確認することが出来ます。書類も「今後必要になるかもしれないもの」と「今必要なもの」を分けて必要な時にパッと取り出せるように収納しておきましょう。
使わない文房具や新しい紙などがたくさんある場合、次のような片付け方法があるので是非参考にしてみてください。
    ゴミとして片付ける
    児童施設などに寄付する
    リサイクルショップに引き取ってもらう
    途上国の子供たちへ寄付する
文房具はまだ使える状態なのであれば、必要としている人たちが大勢いますので寄付やリサイクルを検討することがオススメです。ゴミとして片付ける場合は「燃えるゴミ」に出せるものは燃えるゴミへ、カッターの刃やハサミなどは資源ごみに出す事が出来ます。
 椅子やテーブルが不用品になったという方は、木材のものであれば燃えるゴミに出す事が出来ますが解体しないと運べないような大きい物、重たい物はほとんど片付けるのにお金がかかってしまうので自治体指定のゴミ処理場に持ち運ぶ事が出来ます。無料で引き取ってほしい方は買取やリサイクルショップに出すという方法がオススメです。椅子やテーブルの状態によっては買取不可になってしまう事もありますが、業者によっては何でも引き取ってくれる場所もあるので対応やサービスの良い買取業者を選ぶ事も大切です。椅子やテーブルを引き取ってもらう際には汚れを出来るだけ取り除き、綺麗な状態にしてから審査・買取に出すようにしましょう。
 ダイニングルームは食事の時や宿題をする時、仕事をする時など様々な用途で使う事があるため、気付かないうちにすぐに物が散乱してしまいます。収納スペースを作り、カテゴリー別に収納する場所を全て決めておくと「使ったら片付ける」という習慣が身に付きダイニングルームが常に心地よい空間となるでしょう。 
 

子供の着られなくなった服を片付ける方法

子供の成長はとても早く、特に産まれてすぐの赤ちゃんはオムツを替えたり、手足を自分で動かせるようになったり、つかまり立ちをして一歩ずつ歩けるようになったりと成長に合わせ1年に23枚ほど服を買い替える必要があります。お気に入りの洋服があってもすぐに着られなくなって「捨てるのは勿体ないな・・・」と感じられることもあるかもしれません。それでなかなか片付ける事が出来ずに収納がいっぱいになってしまっていませんか?

子供服は愛着があったり、妹や弟が着れるかもしれないと思ったりするとなかなか片付けに踏み切れないのが現実。しかしそのまま放っておくと必要な物と不用品の見分けがつかなくなり収納にも限界が来てしまいます。そのため子供服はサイズアウトしたとき、汚れやほつれなどで着られなくなった時、デザインが気に入らず絶対に着ないなと思った時には思い切って片付けるように致しましょう。1年に一回の大掃除の日や衣替えの時期に全ての衣服を見直してみて不用品が混ざっていないか確認するのもオススメです。「これはまだ着れるかな?」と曖昧な時は子供に実際に着てもらってサイズ感や雰囲気など確かめるのも賢明です。また、全てが着れる服でも収納に限界が来そうな時には子供服の片づけを検討しても良いかもしれません。

着られなくなったベビー服や子供服などを片付ける方法は以下のような方法があります。

  1. 思い切ってゴミに出す。

  2. フリマやオークションで販売する

  3. 寄付する

  4. 妹や弟、知り合いに譲る

  5. 廃品回収でリサイクルに出す

ゴミに出そうと思っている場合は捨て方が自治体によって変わってくるので「可燃ごみ」なのか「資源ごみ」なのかよく確認して確実に引き取ってもらえるようにまとめて出しておき迷う。一方でまだ着れそうだなと感じる服はフリマやオークションで販売すると少しでも収入を得る事が出来、必要としている人が安く手に入れる事が出来るのでオススメです。寄付をしたり知人や友人に譲ることも社会貢献となり、

服を最後まで長く着る事が出来ます。

学校の服であればマジックで名前を記載していたり、アイロンシールが張られていたりと義務付けられています。そのため販売したりリサイクルに出したりする際には出来る限り新品の状態に近づけるよう一生懸命マジックを消してみたり、アイロンシールをキレイに剥がしたりと工夫する必要があります。

 着られなくなった子供の洋服は親の方にとって思い出が詰まっていて片付ける決心がつかないという場もあるでしょう。そのような時はくるみボタンやトートバッグ、ぬいぐるみ用の服などリメイクして再活用する事もオススメです。子供の思い出を形にすることでいつでも昔を振り返る事が出来ますし、洋服も無駄にせず現役として働く事が出来ます。

子供服はついつい可愛いのがたくさんあってセールをしていると大量に買ってしまいたくなりますが、必要な物を見極めて購入する事は大切です。家に何着まで収納できるかを把握して、一着購入したら一着片付けるというように入れ替え制にするのもオススメです。

           
 

 

 不用品の片付けは、お客さまご自身で役所をご利用して行いましょう。当店は、お時間のない方、体力的にごご自身で片付けが難しい方などへの片付け支援サービスです。

 片付け屋メニュー

家財・家具の片付けトップ
お仕事案内などの総合ページです
クレーム受付
万一の場合の苦情受付窓口のご案内です
不用品丸ごと片付けサービス
家・部屋の家財や不用品丸ごと片付けのご案内です

◆不用品片付けコラム集
お金をかけずに不用品の片付け方
不用品の上手な換金法
家財・家具片付けマニュアル

遺品整理・家財整理にお役に立つ片付け方をご紹介
会社概要
Dcyの会社所在地など会社概要の案内です

 

お問い合わせは、こちらから

お客さま専用 電話050-3134-4757(午前8:00~午後7:00)
メール問い合わせ こちらから


メールデータの取り扱いについて

お客様とのお問合せ内容のデータについては、本社管理部で管理し、管理責任者のみが閲覧しております。また、メールデータは、SSLで安全に保護されております。
ご依頼をいただいたお客さま情報について
ご依頼をいただいたお客さまの作業内容・住所・電話などの個人情報は、本社管理部で完了後1ヶ月単位で廃棄処分しております。詳しくは、個人情報保護について参照してください 
こちらから

DCYの不用品・お荷物の片付けは、地域密着でお客さまのお近くに営業店を配置しています。
24時対応で、団地・マンションのゴミ屋敷・遺品・荷物の片付けとお引越しを行っています。ゴミ撤去後のお掃除もお任せ。
家財・家具の不用品片付けセンター
東京都練馬区練馬1-20-8 日建練馬ビル2F
練馬本店練馬区・中野区・杉並区・豊島区・北区担当
家財・家具の不用品片付けセンター川口
川口店:板橋区・足立区・越谷市・草加市・葛飾区
 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5F
家財・家具の不用品片付けセンター板橋
世田谷店:世田谷区・横浜市・町田市・相模原市・川崎市
東京都板橋区南常盤台1-11-6
家財・家具の不用品片付けセンター市川
市川市押切21-8
市川店:市川市・船橋市・千葉市・松戸市・柏市
家財・家具の不用品片付けセンター所沢
所沢市和ヶ原1-184-8
所沢店:所沢市・入間市・川越市・飯能市・坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市
家財・家具の不用品片付けセンター戸田
戸田店営業エリア:戸田市・さいたま市・朝霞市・和光市
埼玉県戸田市本町4-4-6 
DCYは、地域密着・機動力向上・イレギュラー対処をするために片付け屋CH・ライフサービスと業務提携し車両基地を相互利用しております。
団地のゴミ屋敷片付け、マンションのゴミ屋敷片付け、団地の引越し、マンションの引越し、団地の遺品片付け、マンションの遺品片付け、団地の荷物処分、マンションの荷物処分

 Dcy店長からちょっとしたアドバイス
◆少量のお引越し荷物は、こちらが絶対お得⇒
こちらから ◆損しない賃貸契約の解約手続き⇒こちらから ◆引越しまでに不要な荷物を上手に減らしましょう⇒こちらから ◆夜逃げの荷物、残置物は、勝手に処分できません⇒こちらから

 

ページ先頭へ

 

家財・家具の不用品片付けのDcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しています

 

 
 
初心者ホームページ作成