家財や家具の不用品片付けのDCY:部屋の不用品片付け専門業者

 

 
 
 
 

Dcy不用品片付けdcyゴミ片付けdcyゴミ屋敷dcy家財整理

お客さまへ

お客さまとスタッフが気持ちよくお仕事をするために
当社では、ホームページ掲載価格とメール・お電話の概算の見積りは、
実際に近い料金でご案内しております。

▶2トン平積みのケース
2万から3万円
出張費+000円+000円+消費税
当店では、回収するお品のサイズ・内容毎に一点づつ算定します。軽トラックの積み放題パックは、ありません
▶2トン満載のケース
7万円~12万円+消費税
積載体積4.3㎥/コンパネあおり板90㎝四方囲み
出張費・作業費・処分費すべて込み。ゴミの内容と階段などの作業条件で異なります。
台数×単価+消費税
2トン満載で、120,000円を超えることはありません
7万円~10万円/粗大ゴミや積み込みが中心
10万円から12万円/分別片付け作業を伴う場合

家財・家具の不用品片付け専門


弊社は、不用品片付け専門業者のDCYです。
創業して12年、片付け一筋で地域密着で、親切・丁寧な作業で好評をいただいております。
価格の安さより、きちんとした仕上がりお約束する業者として、クレーム0を更新しています。

 マンション片付け

当店では、専門業者として
お引越しのお手伝い、立会いでの荷物の整理、不要物・ゴミの整理と搬出、家具の解体、エアコンの取り外し、などスキルを備えた熟練スタッフがお伺いしております。
 

 安心丁寧な片付け作業のお約束

Dcyでは、8年間クレーム0を更新しております。今年1年間もクレーム0を更新できるように全社員に徹底してまいります。

巷から、こんな声も聞かれます
約束した時間に来てくれない。
予約していたのに電話が通じなくなった。
料金が電話・広告と大きな違いがある
電話口で乱暴な口調で不愉快。
料金の説明もなく荷物・ゴミを積み込んで請求された。
作業が乱暴だった。
予定のトラックで足りないからといって追加料金を請求された

お問合せは、こちらから

お客さま専用 電話 03-5468-7021(午前8:00~午後7:00)
夜間専用ダイヤル 電話 050-3134-4757
(午後7:00~午前0:00)
メール問い合わせ 
こちらから

片付けサービスのご利用の流れ

1-お電話かメールでお問い合わせください
片付けるお荷物・不用品の処分する量・搬出の状況などをお聞きして、おおむねのお値段をお伝えいたします。
2-ご予算内で収まれば、ご予約をお願いします
片付け代金は、おおむねの金額をご提示いたしますが、大きく変わるようなことはありません。ご予算内なら、日程の調整を取って、お伺い日とお時間を決めます。2DK以上の場合は、現地下見見積りも行っております。
3-見地でお見積りの微調整を行います
お電話でのお見積りですから、多少の金額の調整はあります。金額面でご納得いただけましたら、その場で作業に入ります。現地でお見積り後の追加料金は、ありません。
4-最終確認していただいて終了です
終了後お客様の確認をいただき問題がなければ、作業の完了で代金のお支払いをお願いいたします。

 

 

台所の不用品を片付ける方法

台所は片付けたい不用品の宝庫です。シンクの下やキッチンの上の棚、食器棚など様々な収納場所があり長年使っていない食器や鍋類、調味料など放置されていませんか?台所は食材を切ったり炒めたりする場所なので常に衛生的に良い環境にしておく必要があります。不用品がたくさん眠っていると間違って賞味期限切れの食材や調味料を使ってしまったり、必要な調理器具がすぐに見つからないということになりかねません。食材の出入りが定期的にある台所こそ食材の期限確認、収納に入っている不用品確認を頻繁に行う事は大切です。
 

台所を片付ける時はまず棚に入っている全ての物を出しましょう。沢山の調理器具や食器類など混ざって収納されている場合もあるのでカテゴリー別に分けて置き、必要なものと不用品を選別していきます。カテゴリー別に分けたらさらに「よく使うもの」「たまに使うもの」「これから使うかもしれないもの」「使っていないもの」に分別します。よく使うものはすぐに取り出せるように手前に収納していくのがポイントです。不用品が出たら間違えてもう一度収納してしまわないように袋に入れたり別の部屋に置いたりして必要な物と不用品が一目で明確に分かるように保管しておきましょう。

 
食器は作られている素材によって片付け方法が異なるので、片付けに悩まされる物の1つです。まず陶器やガラス製で作られている食器に関しては一般的には「燃えないゴミ」として分類されるので各地域や自治体の規定に従ってゴミステーションに出すように致しましょう。金属製の食器はほとんどの場合「金属ごみ」として扱われますが、地域によっては「燃えないゴミ」として出しても良い場合があります。食器の直径が30㎝~50を超える大きなものに関しては粗大ゴミの扱いとなります。割れてしまった食器は新聞紙に包んで「ワレモノ」「キケン」と紙を貼っておくのも親切です。
 

ブランド品やまだ使えるキレイな食器に関してはリサイクルショップやオークションなどで販売する方法もオススメです。ネットで販売すると売れるまで自宅に保管しておかなければいけませんが、リサイクルショップに持参すると全て引き取ってもらえたり販売できないものはお店で片付けてもらうことも出来ます。

鍋やフライパンなどの調理器具はどのように片付けたら良いのでしょうか?調理器具の素材はプラスチック製、ガラス製、陶器製、木・竹製・・・など多種多様でそれぞれに合った片付け方法が求められます。木や竹、プラスチックで作られている器具は燃えるゴミとして指定の日にちにゴミステーションに出す事が出来ますが、多くの場合「粗大ゴミ」の扱いになります。粗大ゴミは一点につき平均300500円程度で引き取ってもらえるので引越しの際や大掃除の際に大量の粗大ゴミが出た場合には合計金額がいくらになるかおおよそで計算して持参するようにしましょう。家電調理器具に関しては使えないものは「不燃ゴミ」、まだ使える物は誰かに譲ったりリサイクルショップに持っていったりという方法で片付けることが出来ます。販売する際には電源コードや取り扱い説明書、その他の付属品など全て揃っているか確認してから行うようにします。


 

押し入れを整理してスッキリと見せる方法

 

 

押し入れには何を入れておられますか?寝具や座布団、こたつ布団など様々かもしれません。古い家になると軽トラックで詰めないほど何組も布団を入れたままになっているのをよく見かけます。長く使っていない寝具や座布団など入れっぱなしにしていると知らないうちにカビが生えて押入れが嫌な臭いで充満してしまうことがあります。また湿気の多い布はネズミにとって心地が良いのか、「ネズミにビリビリに布団が破られていた」という方も少なくないようです。押し入れは湿気が溜まりやすく雑菌やカビが繁殖しやすいので衛生

面でも定期的に整理をすることは大切です。

 

 

押し入れの中をキレイに整理整頓して断捨離したいと考えておられ

る方は次のような手順で押し入れの整理を行う事が出来ます。

  1. 中身を全部出す。

  2. 必要なものと不用品を選別する

  3. 必要なモノはカテゴリー別に分類する

  4. 収納場所の計画を立てる

  5. 収納に適した収納グッズの計画・購入をする

  6. 収納計画に沿ってものを入れ直す。

「最初に全部出してしまったら片付けが大変になるのでは?」と感じられるかもしれませんが、実は全部中身を出して何が収納されていたのか全体像を把握できた方が片付けをスムーズに行えます。整理が1日で終わらなかったときのために、十分に時間がある時に始めることや出したものを一旦置いておく広

いスペースを確保しておくことは大切です。

出したものを選別出来たら収納場所の計画を立てます。物のサイズや重さ、使う頻度などによって適切な位置をしっかりと計画しておくなら迷うことなく素早く収納していく事が可能です。⑤の収納グッズは、例えばしばらく使う予定のない洋服や布団などを空気を抜いてコンパクトに出来るアイテムや冬物のコートをしまっておくフタ式ケー

スなど美しい見た目で収納できるように必要なモノを購入します。

全てのものを収納出来たらさらに使いやすい押し入れにするために重たいものにキャスナーを付けたり引き出しの中に仕切りを付けたりと様々な工夫をすることが出来ます。押し入れは普段は隠れているので「見えない収納」になりますが、美しく整った収納をしていれば気分もスッキリとし、

自信を持って家に人を呼ぶ事が出来ます。

 

 

押し入れの整理で出てきた不用品はどのように片付けたら良いのでしょうか?今回は布団の片付け方法についていくつか方法をご紹介したいと思

います。

  1. 粗大ゴミに出す

  2. 不用品引き取りサービスを扱っている業者に引き取ってもらう

  3. 毛布の回収・下取りを行っている販売・通販業者に依頼する

  4. リサイクルショップに売る

  5. インターネットで売る

  6. 寄付をする

布団のサイズや状態によっても可能な片付け方法が異なりますが、使えないものに関してはほとんどの場合「粗大ゴミ」として出す事が出来ます。粗大ゴミセンターに自分で運ぶ事も出来ますし、ゴミステーションに出したり自治体のホームセンターに記載されている「粗大ゴミ受付センター」に相談して収集してもらうことも可能です。引越しの片付けの際に出た不用品なのであれば引越し業者に引き取ってもらう方法もオススメです。

お問い合わせは、こちらから

お客さま専用 電話 03-5468-7021(午前8:00~午後7:00)
夜間専用ダイヤル 電話 050-3134-4757
(午後7:00~午前0:00)
メール問い合わせ 
こちらから


メールデータの取り扱いについて

お客様とのお問合せ内容のデータについては、本社管理部で管理し、管理責任者のみが閲覧しております。また、メールデータは、SSLで安全に保護されております。
ご依頼をいただいたお客さま情報について
ご依頼をいただいたお客さまの作業内容・住所・電話などの個人情報は、本社管理部で完了後1ヶ月単位で廃棄処分しております。詳しくは、個人情報保護について参照してください 
こちらから

DCYの不用品・お荷物の片付けは、地域密着でお客さまのお近くに営業店を配置しています。
24時対応で、団地・マンションのゴミ屋敷・遺品・荷物の片付けとお引越しを行っています。ゴミ撤去後のお掃除もお任せ。
家財・家具の不用品片付けセンター
東京都練馬区練馬1-20-8 日建練馬ビル2F
練馬本店練馬区・中野区・杉並区・豊島区・北区担当
家財・家具の不用品片付けセンター川口
川口店:板橋区・足立区・越谷市・草加市・葛飾区
 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5F
家財・家具の不用品片付けセンター板橋
世田谷店:世田谷区・横浜市・町田市・相模原市・川崎市
東京都板橋区南常盤台1-11-6
家財・家具の不用品片付けセンター市川
市川市押切21-8
市川店:市川市・船橋市・千葉市・松戸市・柏市
家財・家具の不用品片付けセンター所沢
所沢市和ヶ原1-184-8
所沢店:所沢市・入間市・川越市・飯能市・坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市
家財・家具の不用品片付けセンター戸田
戸田店営業エリア:戸田市・さいたま市・朝霞市・和光市
埼玉県戸田市本町4-4-6 
DCYは、地域密着・機動力向上・イレギュラー対処をするために片付け屋CH・ライフサービスと業務提携し車両基地を相互利用しております。
団地のゴミ屋敷片付け、マンションのゴミ屋敷片付け、団地の引越し、マンションの引越し、団地の遺品片付け、マンションの遺品片付け、団地の荷物処分、マンションの荷物処分

 Dcy店長からちょっとしたアドバイス
◆少量のお引越し荷物は、こちらが絶対お得⇒
こちらから ◆損しない賃貸契約の解約手続き⇒こちらから ◆引越しまでに不要な荷物を上手に減らしましょう⇒こちらから ◆夜逃げの荷物、残置物は、勝手に処分できません⇒こちらから

 

ページ先頭へ

家財・家具の不用品片付けのDcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しています
 
 
初心者ホームページ作成