家財や家具の不用品片付けのDCY:部屋の不用品片付け専門業者

 

 
 
 
 

Dcy不用品片付けdcyゴミ片付けdcyゴミ屋敷dcy家財整理

お客さまへ

お客さまとスタッフが気持ちよくお仕事をするために
当社では、ホームページ掲載価格とメール・お電話の概算の見積りは、
実際に近い料金でご案内しております。

▶2トン平積みのケース
2万から3万円
出張費+000円+000円+消費税
当店では、回収するお品のサイズ・内容毎に一点づつ算定します。軽トラックの積み放題パックは、ありません
▶2トン満載のケース
7万円~12万円+消費税
積載体積4.3㎥/コンパネあおり板90㎝四方囲み
出張費・作業費・処分費すべて込み。ゴミの内容と階段などの作業条件で異なります。
台数×単価+消費税
7万円~10万円/粗大ゴミや積み込みが中心
10万円から12万円/分別片付け作業を伴う場合
Dcyの価格ポリシーについて 

片付け風景は、動画で配信しております

家財・家具の不用品片付け専門

弊社は、不用品片付け専門業者のDCYです。
創業して12年、片付け一筋で地域密着で、親切・丁寧な作業で好評をいただいております。
価格の安さより、きちんとした仕上がりお約束する業者として、クレーム0を更新しています。

 マンション片付け

当店では、専門業者として
お引越しのお手伝い、立会いでの荷物の整理、不要物・ゴミの整理と搬出、家具の解体、エアコンの取り外し、などスキルを備えた熟練スタッフがお伺いしております。
 
 安心丁寧な片付け作業のお約束

 

Dcyでは、8年間クレーム0を更新しております。今年1年間もクレーム0を更新できるように全社員に徹底してまいります。

巷から、こんな声も聞かれます
約束した時間に来てくれない。
予約していたのに電話が通じなくなった。
料金が電話・広告と大きな違いがある
電話口で乱暴な口調で不愉快。
料金の説明もなく荷物・ゴミを積み込んで請求された。
作業が乱暴だった。
予定のトラックで足りないからといって追加料金を請求された

お問合せは、こちらから

電話・メール相談 

お客さま専用 電話 03-5468-7021(午前8:00~午後7:00)
メール問い合わせ こちらから

 

片付けサービスのご利用の流れ

1-お電話かメールでお問い合わせください
片付けるお荷物・不用品の処分する量・搬出の状況などをお聞きして、おおむねのお値段をお伝えいたします。
2-ご予算内で収まれば、ご予約をお願いします
片付け代金は、おおむねの金額をご提示いたしますが、大きく変わるようなことはありません。ご予算内なら、日程の調整を取って、お伺い日とお時間を決めます。2DK以上の場合は、現地下見見積りも行っております。
3-見地でお見積りの微調整を行います
お電話でのお見積りですから、多少の金額の調整はあります。金額面でご納得いただけましたら、その場で作業に入ります。現地でお見積り後の追加料金は、ありません。
4-最終確認していただいて終了です
終了後お客様の確認をいただき問題がなければ、作業の完了で代金のお支払いをお願いいたします。

家財処分

  主な参加地域:所沢市・東村山市・小平市・東久留米市・西東京市・志木市・川越市・さいたま市・上尾市・板橋区・春日部市・松戸市・川口市・川崎市・富士見市・ふじみ野市・東大和市・その他

武蔵野市の方へ、不用品片付け応援コラム

 不用品の片付けは、お客さまご自身で役所をご利用して行いましょう。当店は、お時間のない方、体力的にごご自身で片付けが難しい方などへの片付け支援サービスです。

 子ども用品や衣類などの不用品の片付けについて

子どもの成長とともに、サイズアウトした洋服やおもちゃ、ベビー用品、学習机など不用になるものは多くあります。片付けたいと考えていても、子どもが嫌がったり、思い出があるからと、そのまま放置されていることも珍しくありません。また、ベビー用品は赤ちゃんの時期は成長も早く、あっという間にサイズアウトになるものが多いです。おもちゃ類も使わないものは、処分しなければ増える一方で、収集がつかなくなります。今後使い手の予定がなく、譲ることができる相手がなければ、押入れなど部屋のスペースを圧迫してしまうでしょう。子どもの学習机なども、サイズが合わないものでは、勉強ははかどりません。ここからは不用になった子ども用品の片付けについて考えていきま

す。

子ども用品の片付け方

まずは自治体のゴミに出す方法があります。自治体の定めたルールに沿って一般ごみとして処分したり、粗大ごみとして回収を依頼することもできます。

一般ごみであれば決められた日時にゴミ袋に入れて処分するだけです。自治体によっても回収日が異なりますが1週間に2日程度回収してくれるので、片付けるのにそこまで手間を感じることはありません。ただし、学習机やベビーベッドなどの大きな物は粗大ごみとして片付ける必要があります。希望する場合は自治体への予約が必要なので予約方法を調べてみましょう。自治体の場合決められた収集所に直接持って行かなくてはいけないので、その分手間もかかるのがデメリットです。次に不用品の種類が多いときや自分で片付けることが難しい場合は不用品回収業者を利用する方法もあります。小さなゴミから大きなゴミまで分別することなく一気に片付けることができるメリットがあります。また、時間や日にちも自分の都合に合わせてもらえるので忙しい方にはぴったりです。それから、誰かに譲る方法もあります。不用品とは言ってもまだまだ使えそうな物は親戚や友人に声をかけてみましょう。この時に大切なことは不具合がないかどうかをしっかりと確認しておくことです。トラブルを避けるためにも譲る前に汚れがないか、壊れていないかなどをきちんと確認しましょう。フリーマーケットに出したり、リサイクルショップに持ち込む方法もあります。できるだけきれいに掃除をして状態を整えたうえで、出した方が高額買取になる場合があります。少し手間もかかりますが、気持ちよく使ってもらうためにも最低限のお掃除はしておき、きれいな状態で譲れるようにしましょう。特に古着などはしっかり洗濯し、アイロンもきちんと当ててから出すようにしましょう。おもちゃなどで修理が必要なものは使っている期間の長さに関わらず、処分した方がいいでしょう。

子ども用品や子どもの洋服などはどれも思い入れのあるものばかりですし、なかなか片付けがすすまないことが多いものです。しかし、大量に残っている子ども用品は部屋のスペースを取り、散らかる原因になります。部屋に物が溢れていると子どもの成長にも影響します。忙しくてなかなか片付ける時間が取れない場合は業者などを利用して作業を代行してもらうこともできます。自分に合った方法で子ども用品をすっきり片付けることができるといいですね。

物置の不用品を片付ける方法

 大きな収納スペースである物置は様々なものが収納できるため本当に便利です。でも長い期間放っておくと子供さんの学校用具や、おばあちゃんが捨てずにしまいこんだ食器、ほとんど使っていない園芸用品などが山のように積み重なってしまっていませんか?

物置は「何でも収納出来る」というメリットがありますが、逆にそれがデメリットとなり必要なものとそうでないものの区別が付かなくなってしまうということがあります。そのため、定期的に整理をして不用品を早めに片付けるのは大切です。

ここからは物置の整理・片付けをスムーズに行うための手順についてご紹介したいと思います。まず最初にやるべきことは物置に入っているものを全て出すことです。庭先などの少し広いスペースに出して全体を見渡しやすくします。次に全ての物を取り出したら必要な物と不用品を分別していきます。新しい食器や家電など「これから使えそうだなと思っても、ずっと放置している・・・」というケースは少なくないので、目安として1年以上使用していないもの、今後明確に使う予定のないものはこの機会に思い切って片付けるよ

うにしましょう。

最後に必要な物と分類された物を物置にキレイに収納していきます。収納のポイントは使用頻度の低いものは奥に、高いものは手前に置くことです。また、物を重ねる場合は重たいものを下に置いて、その上に軽いものを乗せることで物への負担を減らして長期間使用しなくてもキレイな状態を保てるようになります。必要な物をすぐに取り出せるようにカテゴリー別に収納していくのもオススメです。収納ケースや棚などを用意して見映えよく整理すると物置に何でも不要な物を詰め込むという意識がなくなり、

常に整理整頓された美しい状態を保つことが可能です。

 物置を整理するとたくさんの不用品が出てくるかもしれません。「面倒くさいから一気にまとめてゴミ袋に詰めて片付けよう」と面倒くさくなってしまいますよね。しかし物によってはリサイクルに出したり中古品として販売したりして少しでも収入を得る事が出来る場合があるので一つ一つ仕分けをして一番良い方法で片付ける事が大切です。一人暮らしの方は大量の不用品を片付けるためにどのように運搬したら良いか戸惑ってしまう場合もあるかもしれません。重たい物がたくさんあって自分だけでは片付けられそうにない場合、不用品回収業者に依頼してもらったり、リサイクルショップの人に取りに来てもらったりという選択もあるので積極的に活用するようにしましょう。

 物置は定期的に整理・掃除をしないと何がなんだか分からない状態になったり、大切な物にカビが生えてしまったりすることがあるので注意が必要です。1年に一回は必ず物置に入っているものを見直して片付けるようにしましょう。また、一旦全ての物を物置から取り出す時にはホウキとチリトリを用意して床に落ちているホコリや砂をキレイに取り除くのも大切です。物置に害虫や動物が入るのを防止するために物置のメンテナンスや忌避剤の設置も欠かせません。 

武蔵野市の団地片付け

 

武蔵野市の家財・家具片付け事例

大型団地から施設入所による部屋片付け
武蔵野市にある福祉団体の担当者様から直接ご相談がありました高度経済成長期に開発された大型団地に認知症の疑いがある男性が一人暮らしをしています。高齢化が進むと同時に地域とのつながりが薄れ、男性自身も施設への入居を希望しているので、団地から施設へ移動するための部屋の片付けをお願いしたいという内容です。男性の安全面を考え、急遽当社のスタッフ2名で、福祉団体の担当者様と一緒に対応することにしました。団地の3階が男性のお部屋です。当社のスタッフが片付けを手伝いはじめると、妻が他界してからはあまり外へも出られないが、妻のつながりで福祉団体の担当者様にも出会えたのが良かったとその男性がお話してくれました。スタッフは、男性のお話にじっくり耳を傾けながら、施設へ持っていく最低限の荷物と奥様との思い出の品をまとめて、家電製品、テーブルやイス等の家具、小物や食器類などトラックへ運び出しました。そして最後に、担当者様と男性、当社のスタッフで忘れ物がないか、汚れているところはないかをチェックし、その日のうちに男性は担当者様と一緒に施設へ行きました。その後、担当者様からスムーズに対応できたとお礼の電話を頂きました。

 

 メニュー

家財・家具の片付けトップ
お仕事案内などの総合ページです
クレーム受付
万一の場合の苦情受付窓口のご案内です
不用品丸ごと片付けサービス
家・部屋の家財や不用品丸ごと片付けのご案内です

◆不用品片付けコラム集
お金をかけずに不用品の片付け方
不用品の上手な換金法
家財・家具片付けマニュアル

会社概要
Dcyの会社所在地など会社概要の案内です

 

お問い合わせは、こちらから

お客さま専用 電話 03-5468-7021(午前8:00~午後7:00)
メール問い合わせ こちらから


メールデータの取り扱いについて

お客様とのお問合せ内容のデータについては、本社管理部で管理し、管理責任者のみが閲覧しております。また、メールデータは、SSLで安全に保護されております。
ご依頼をいただいたお客さま情報について
ご依頼をいただいたお客さまの作業内容・住所・電話などの個人情報は、本社管理部で完了後1ヶ月単位で廃棄処分しております。詳しくは、個人情報保護について参照してください 
こちらから

DCYの不用品・お荷物の片付けは、地域密着でお客さまのお近くに営業店を配置しています。
24時対応で、団地・マンションのゴミ屋敷・遺品・荷物の片付けとお引越しを行っています。ゴミ撤去後のお掃除もお任せ。
家財・家具の不用品片付けセンター
東京都練馬区練馬1-20-8 日建練馬ビル2F
練馬本店練馬区・中野区・杉並区・豊島区・北区担当
家財・家具の不用品片付けセンター川口
川口店:板橋区・足立区・越谷市・草加市・葛飾区
 埼玉県川口市本町4-3-14 小峰第一ビル5F
家財・家具の不用品片付けセンター板橋
世田谷店:世田谷区・横浜市・町田市・相模原市・川崎市
東京都板橋区南常盤台1-11-6
家財・家具の不用品片付けセンター市川
市川市押切21-8
市川店:市川市・船橋市・千葉市・松戸市・柏市
家財・家具の不用品片付けセンター所沢
所沢市和ヶ原1-184-8
所沢店:所沢市・入間市・川越市・飯能市・坂戸市・東松山市・鶴ヶ島市
家財・家具の不用品片付けセンター戸田
戸田店営業エリア:戸田市・さいたま市・朝霞市・和光市
埼玉県戸田市本町4-4-6 
DCYは、地域密着・機動力向上・イレギュラー対処をするために片付け屋CH・ライフサービスと業務提携し車両基地を相互利用しております。
団地のゴミ屋敷片付け、マンションのゴミ屋敷片付け、団地の引越し、マンションの引越し、団地の遺品片付け、マンションの遺品片付け、団地の荷物処分、マンションの荷物処分

 Dcy店長からちょっとしたアドバイス
◆少量のお引越し荷物は、こちらが絶対お得⇒
こちらから ◆損しない賃貸契約の解約手続き⇒こちらから ◆引越しまでに不要な荷物を上手に減らしましょう⇒こちらから ◆夜逃げの荷物、残置物は、勝手に処分できません⇒こちらから

 

ページ先頭へ

 

家財・家具の不用品片付けのDcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しています
 
 
初心者ホームページ作成